PAGID Racingについて

PAGID Racingは、TMD Performanceのモータースポーツ専門ブランドです。TMD Frictionのグループ企業であるTMD Performanceは、レース用、ストリート用を含むPAGID Racing高性能ブレーキパッド全製品における世界で唯一の販売代理店です。

PAGID Racingのブレーキ製品は、あらゆる制動条件下にて可能な限り最高の性能を発揮する様に設計されており、ニーズに応じた摩擦材を提供可能です。PAGID Racing製品は、最も需要の高いレース用、および高性能キャリパー用にラインナップされております。高性能車の標準キャリパーにおいてもアップグレードとして装着頂く事も可能です。

また、PAGID Racingのレース用ブレーキ製品は世界的に最も有名なハイパワースポーツカーであるアウディ・ブガッティ・フェラーリ・ポルシェ等のオリジナル・エクイップメント(OE)として採用されています。

TMD Performanceはドイツのレバークーゼン、エッセン、米国のトロイに施設を有しており、多種多様なお客様の技術要求に対して短期間で摩擦材ソリューションを行い、開発、製造することができる数少ない企業の一つです。

  • 2017年

    PAGID Racingはブレーキングに違いを生み出し続けて30周年を迎えます。

  • 2016年

    2016年FIA世界ラリークロス選手権:マティアス・エクストロームがドライバーチャンピオンを獲得しました。EKSはチームチャンピオンを獲得しました。

  • 2016年

    FIA WECでの成果:ニッキ・ティームがGTドライバーズチャンピオンを獲得しました。GTEプロクラスではアストンマーティン・レーシングが優勝しました。

  • 2016年

    ニュルブルクリンク24時間レースでの歴史的な4連勝を達成: カーナンバーNo. 4 AMGチーム ブラックファルコンのメルセデス・ベンツAMG GT3が優勝しました。 また、入賞トップ10のうち、なんと7チームがPAGID Racing のブレーキを装着しています。

  • 2015年

    FIA世界耐久選手権に参戦した マンタイ・レーシングに3つの世界選手権タイトル: LMGTE PROクラス ランキングにおいて勝利をおさめました。GTドライバーズ ランキングにおいてはリチャード・リーツが勝利をおさめました。 メーカー ランキングにおいてはポルシェが勝利をおさめました。

  • 2015年11月11日

    BT Bremsen Technik社が
    TMD Performance GmbHに社名変更

  • 2010年

    TMD FrictionがPAGID Racing社を100%を所有

  • 2001年

    TMD FrictionのラトガーズオートモーティブAGを買収により、パジットブランドと摩擦製品を所有

  • 2000 年

    PAGID Racingが、高性能生産車用に、初の特許取得済みカーボンセラミックブレーキディスク用ブレーキパッドを開発。

    2000年、ポルシェ996 GT3、メルセデスベンツCL 55 AMG「F1限定版」がセラミックブレーキディスクとPAGID Racingブレーキパッドが装備された世界初の公道仕様車となる。

  • 2000 年

    BBAグループの自動車摩擦事業の売却に続き、TMD Frictionが誕生。 TMD Frictionは、世界有数の摩擦メーカーの一つに成長し、PAGID Racingに拠点を提供。

  • 1990 年

    PAGID Racingが新ポルシェカレラカップの公式ブレーキパッドになる。 ほぼ4分の1世紀にわたり強力な協力関係を確立。

  • 1988 年

    カルロス・サインツは、ラリーでPAGID Racingを使用した最初のドライバーの一人です。

  • 1988 年

    ドイツ人ハンス=ヨアヒム・スタックとヴァルター・ロールをドライバーに擁したアウディのトランザムシリーズ参戦は、同メーカーの200ターボ、クワトロの厚意によるものでした。 パジットのレース用ブレーキパッドを装備したチームは1988年の13レースのうち6レースで勝利をおさめました。

  • 1988 年

    チームとドライバーが簡単に識別できる、初の 「着色パッド」 の黄色、赤、オレンジ、青色が、- モータースポーツ界に初登場しました。

  • 1987 年

    ポルシェ944ターボ・カップ用のブレーキパッドの納品スタート

  • 1987 年 10 月 01 日

    bt Bremsen Technik GmbH財団、競技用の特別製品を、PAGID Racingブレーキパッドの商品名で販売。

  • 1953 年

    パジットのブランド名の下、PAG社は商用車とトレーラーに適用する独自の摩擦製品販売を開始。 以後、パジットは特に高い性能とレース用車両の専門知識で知られる有名なブランド名に成長。

  • 1925 年

    Presswerk AG (PAG)はドイツ、エッセンの家具関連製品を製造。 コスヴィッヒのHermanKirchbach’schen Werkeからブレーキ摩擦材料の製造も委託される。

  • 1878 年

    初期のブレーキは、簡単なレバーがついた木製ブロックにすぎませんでした。 今日知られているような車両用ブレーキの開発は、ウォルター・ウィルソンコベット社が自社の織ベルト材が自動車を停止させる摩擦材として容易に適応し使用することができると気づいた時から始まりました