技術情報

PAGID RACING フリクション コンパウンド

PAGID Racingブレーキパッドに用いられている コンパウンドは、非金属原料(セラミック)を非常に多く含んでいます。 競合他社の金属原料コンパウンド製品との違いは、低い熱伝導率による優れた断熱性、それと共に確立された優れた耐熱性です。そのため、キャリパーへの熱伝達を(最大60°C)減少させ、フルードの沸騰を防止する事が出来ます。

すべてのPAGID Racingコンパウンドは、最適なくいつきと効き安定性、そしてペダルフィーリングを維持しながら、パッドとローターの摩耗を最小限に抑えるように設計されています。また、 すべてのコンパウンドは、現在の自動車業界のあらゆる環境基準を満たし、上回る様、設計されております。

PAGID RACINGのスチールバッキングプレート 設計

PAGID Racing は、接着接合と特許取得済みの機械的構造による二重保持システムを採用しています。 この機械的構造は、ブレーキパッドのコンパウンドとバックプレート間の保持を確実にするためバックプレートに直接溶接されている真鍮スタッドによって 構成されています。 これらの真鍮のスタッドは、ディスクに接触した際においても、 ブレーキパッドのコンパウンドと共に摩耗していくため、ディスクを痛める事がない様、ブレーキディスク(ローター)よりも柔らい素材で構成されています。

PAGID RACING STEEL BACKING PLATE DESIGN

PAGID RACINGレース用ブレーキパッド装着の説明

ブレーキパッドはキャリパーガイド内でスムーズにスライドする必要があります。ガイドとの クリアランスが不適切な場合には、スムーズなスライドを妨げ、ブレーキパッドの摩耗を促進してしまう可能性があります。そのため、 適切な装着状態を確保するため、常に正しい形状のブレーキパッドを使用してください。 新品のブレーキパッドを装備した際は、運転前に必ずブレーキペダルを数回踏み、ペダルの踏み代が正常かを確認して下さい。 ブレーキパッドやディスクの汚れを防止するため、高温となった摩擦面は決して地面に置かないで下さい。

ブレーキディスク(ローター)

PAGID Racingのブレーキパッドは、ソリッド、グルーブド(溝付き)、クロスドリル(穴あき)ディスクのいずれでもご使用いただけます。ブレーキパッドのベディングに関しましては、同じコンパウンドのフリクションペアとして使用されたディスクを用いる事をお勧め致します。しかし、ディスクの摩擦面にクラック等があるものは使用しないで下さい。 新品のディスクに新品のブレーキパッドをベディングする場合には、 まずディスクのベディングに重点をおいて下さい。ディスクについてはべディング完了後の正しい手順における冷却が、ディスクの寿命を左右させますので、ディスクのべディングについては、各ディスクメーカーの説明書をご参照ください。

3 BRAKE DISCS (ROTORS)
BRAKE DISCS (ROTORS)

ベディング(ならし)

ベディングが必要な理由

ブレーキパッドとブレーキ ディスク(ローター)が確実に全面当たりとなる様にするためです。

最高の性能を発揮出来る様、 ブレーキディスク(ローター)表面に 摩擦材の被膜を形成させるためです。

べディング中に予め初期フェード(グリーンフェード)を発生させ、その熱によりコンパウンドの余分な揮発成分を除去するためです。また、これはレース開始後の初期フェードの発生を防止するためです。

上記の理由のため、ブレーキパッドに適切なべディングが実施されていない場合には、ブレーキシステムは、本来の効き、摩耗性能や、ペダルフィーリングを得ることが出来ません。 不適切なべディングは、ジャダーや振動の原因にも繋がります。 また、ディスクとは異なり、ブレーキパッドにおいては、 ベンディング後の冷却の有無は、性能・摩耗寿命に影響を与えません。

べディングサービス-べディング済みパーツについて

最小限の時間で節約しながら最高のブレーキングを最大限に活用- べディング済みパーツの入手をお勧め致します!

BEDDING IN SERVICE

当社のレース用ブレーキパッドは、ぺディング済みの 「すぐにレースで使用できる状態」でもお求めいただけます。 詳細は 38ページにも記載されています。 当社の べディング済みブレーキパッドについては、お近くの販売店にお問い合わせください。

Dealer Search

当社ではコンピューター制御された環境でのべディングを実行しており、かつ、お求めやすい価格で完璧な性能をお届けすることができるため、ぺディング済みブレーキパッドのご使用をお勧めいたします。 レーシングカーは走行距離が1キロ増す毎にコストが上がることを考えれば、べディング済みが断然お得です!

BEDDING IN