技術情報

PAGID RACING フリクション コンパウンド

PAGID Racingブレーキパッドに用いられている コンパウンドは、非金属原料(セラミック)を非常に多く含んでいます。 競合他社の金属原料コンパウンド製品との違いは、低い熱伝導率による優れた断熱性、それと共に確立された優れた耐熱性です。そのため、キャリパーへの熱伝達を(最大60°C)減少させ、フルードの沸騰を防止する事が出来ます。

すべてのPAGID Racingコンパウンドは、最適なくいつきと効き安定性、そしてペダルフィーリングを維持しながら、パッドとローターの摩耗を最小限に抑えるように設計されています。また、 すべてのコンパウンドは、現在の自動車業界のあらゆる環境基準を満たし、上回る様、設計されております。

PAGID RACINGのスチールバッキングプレート 設計

PAGID RACING STEEL BACKING PLATE DESIGN

PAGIDレーシングは、接着剤と特許取得済み機械システムを用いたデュアルリテンション方式を採用しています。この機械システムは、バックプレートに直接溶接された真鍮製スタッドから構成され、摩擦材とバックプレートとの結合を確実に保証します。この真鍮製スタッドは、ブレーキディスク(ローター)より柔らかく、ディスクを損傷することなくパッドの消耗とともに摩耗します。

  • 独自の特許取得済みシステム
  • バックプレートに固定された摩擦材
  • バックプレートからの剥離なし
  • 車両に適した高い技術とイノベーション

ベディング(ならし)

ベディングが必要な理由

ブレーキパッドとブレーキ ディスク(ローター)が確実に全面当たりとなる様にするためです。

最高の性能を発揮出来る様、 ブレーキディスク(ローター)表面に 摩擦材の被膜を形成させるためです。

べディング中に予め初期フェード(グリーンフェード)を発生させ、その熱によりコンパウンドの余分な揮発成分を除去するためです。また、これはレース開始後の初期フェードの発生を防止するためです。

上記の理由のため、ブレーキパッドに適切なべディングが実施されていない場合には、ブレーキシステムは、本来の効き、摩耗性能や、ペダルフィーリングを得ることが出来ません。 不適切なべディングは、ジャダーや振動の原因にも繋がります。 また、ディスクとは異なり、ブレーキパッドにおいては、 ベンディング後の冷却の有無は、性能・摩耗寿命に影響を与えません。

べディングサービス-べディング済みパーツについて

最小限の時間で節約しながら最高のブレーキングを最大限に活用- べディング済みパーツの入手をお勧め致します!

BEDDING IN SERVICE

当社のレース用ブレーキパッドは、ぺディング済みの 「すぐにレースで使用できる状態」でもお求めいただけます。 詳細は 38ページにも記載されています。 当社の べディング済みブレーキパッドについては、お近くの販売店にお問い合わせください。

Dealer Search

当社ではコンピューター制御された環境でのべディングを実行しており、かつ、お求めやすい価格で完璧な性能をお届けすることができるため、ぺディング済みブレーキパッドのご使用をお勧めいたします。 レーシングカーは走行距離が1キロ増す毎にコストが上がることを考えれば、べディング済みが断然お得です!

BEDDING IN