べディング済み(ならし)サービス

PADIG Racingのレーシングブレーキパッドは、「すぐにレースに使用できる状態」のべディング済み(ならし)でもお求め頂けます。PAGID Racing のべディング済みブレーキパッドについては、お近くの販売店にお問い合わせください。
優れたブレーキ機能が勝利を確保します。
最適化されたブレーキ性能‐しっかりべディングされたプロのためのブレーキパッドとディスクから始めましょう。

車両をしっかり準備し調整することがあらゆるレースを成功させる基本的条件です。 ブレーキ部品のべディングには 集中力、経験と多くの経験を要します。 しかし、時間は非常に重要です。 べディング済みのパッドを使って、時間は他の目的に持ちましょう。

不十分にべディングされたブレーキは制御性を低下させパッドやディスクの寿命を縮めます。 最大ブレーキ性能は、正確にべディングされたブレーキ部品によってのみ達成することができます。

お客様が時間とコストを節約できるよう、当社はべディング済みブレーキパッド、さらにご希望があれば、マッチしたブレーキディスクをご提供させていただきます。

実験室に封じ込められた電子制御システムを用いる事により、PAGID Racingはトラフィック、天候、訓練等の影響、またドライバー特性の影響を受けることなく、正確なオペレーションによってお客様のパーツにべディングすることができます。


4段階のべディング・プロセス


第1段階でパッドは整然と整列され、一定の圧力と最良の適合温度で管理されます。 これは、最適な接触パッチに必要でありブレーキは厳密な管理を受けます。

第2段階では、加熱が行われます。 ただし連続的加熱による亀裂は回避します。 ブレーキングと その間のインターバルは定められた定温で実施されます。

第3段階の最高温度ではブレーキパッドの調整に重点を置きます。 ガスを抜くことにより 初期フェードを最少に押さえることができます。このプロセスは、非常に高温で実施され、パッドの重量は大幅に削減されます。

最終段階となる「クリーニング」では、的確な制動コントロールにより、残留している汚れと、コンパウンドに残った不要な物質等をパッドととディスクから除去しますい。